トップページ > 家庭教師 東京

家庭教師 東京Tutor of Tokyo

家庭教師とは

家庭教師とは、家庭教育の一部(とくに知育)に参加したり、
学校教育の一部について家庭で補習機能をはたす私的な教師とされています。
最近では、家庭からのご要望もさまざまで、
事情により不登校になってしまったお子様の学習サポートや
塾など、夜間に子供が外出する事を心配し、家庭内で学習させたいという声も多く聞かれます。

東京など首都圏では、両親ともにお仕事をされているご家庭が増えていることから
お子様の総合学習補助として家庭教師を依頼されるケースも増えております。
家庭教師の多くは個人指導ですから、学習科目に苦手科目を作らないようなケア、
学力向上の喜びを共有できることなど、多くのメリットがあります。

学習をする場所が自宅内であることから、教師と親御様のコミュニケーションもスムーズです。
悩みを抱えるお子様にとっては、相談しやすい相手になりますので
学習を含め総合的にケアすることができます。

梧桐学苑の家庭教師は家庭の事情にも、個別に対応できるので
集団生活を苦手とするお子様の学習や、さまざまな障害による通学の困難、
外出が困難になってしまったお子様の総合サポートなどもご相談ください。

家庭教師を依頼するメリット

・科目別の勉強だけではない総合学習
特に小中学生に多い集団生活の悩みや先生との壁。
国語や歴史が苦手、という以前の問題でもありますが
適切なアドバイスを元になるべく早く解決に向けることが重要です。
学校の先生が原因で勉強が嫌いになってしまうと、
お子様の学力にも影響が出てしまいます。
特に東京の学校は1クラスの生徒数が多いので注意が必要だと思います。
人付き合いの方法や学校での話を聞き出して、適切なアドバイスができるのは
家庭教師ならではの強みです。

・家庭環境に配慮した時間割
家庭教師は家庭環境に配慮し、個別に授業日時の設定が可能です。
ご両親の帰宅時間に塾へ行き、帰ってくるのは夜遅くになっては
家族のコミュケーションが無くなります。
柔軟な対応ができるのも家庭教師ならではです。

・お子様と1対1で向き合える存在。
学校では集団行動を取り、先生は友達と共通になりますので
親以外で自分だけに向き合う大人の存在は貴重です。
学習を通して信頼関係を構築することで
ちょっとした悩みの良い相談相手になれます。
その、ちょっとした悩みの中に危険なシグナルがある場合も多いため
将来的なリスクを未然に回避することにも役立ちます。

・自分のペースで学習をする。
本来、学習とは友達と較べて早い、遅いで競うものではありません。
早くても遅くても、前向きに学習へ取り組むことが人生で大切だと思います。
基本の学習に時間が掛かる子は、その後、良く伸びます。
中学生にとっては、高校受験が第一目標になると思います。
そこまでの早い、遅いではなく、その目標へ向けて学習に取り組む事が重要なのです。

梧桐学苑には、様々なケースにしっかりと対応するべく、
幅広いジャンルの先生がおります。
ぜひ一度、ご連絡ください。

Copyright(C) 梧桐学苑 All Rights Reserved.